GWガラパゴスの旅 ゆかいな動物たちに出会う!~飛行機&ホテル&アクティビティ個人で予約編~

2019年のゴールデンウイークにガラパゴス諸島をツアーでなく個人で旅行しました!

やはりガラパゴス諸島は何と言っても個人で予約したほうが圧倒的に安上がりと思います!

ツアーですと、大型連休の場合、航空券、ホテル、アクティビティ、食費など全てを合計したら、80万円くらいするかもしれないです…。
少なくとも最低60万円はかかると思います。
※今回の8泊11日間相当の旅行の場合

同じクオリティの旅でも個人で手配すれば半額以下に抑えられるかもしれません!
実際かかった費用については後の記事で紹介します。

ここでは今回の旅行の予約内容についてまとめました~!

1.飛行機予約

ガラパゴス諸島に行くと決まったら、まずは飛行機予約です。

ガラパゴス諸島は南米エクアドルにあります。
ということで、まずエクアドルの首都であるキトに行く必要があります。

”日本⇔ガラパゴス”の通しの航空券を購入することはできますが、”日本⇔キト”、”キト⇔ガラパゴス”の二つの航空券に分けたほうが安いようです。


(1)日本⇔キト 航空券予約

エクアドルは南米ということで、日本からとても遠いです。
ただでなくても航空券は高いです。
さらにゴールデンウイークということもあり、さらに日本発着の航空券高くなると思います。

skyscannerなどの比較サイトで航空券を検索すると簡単に大体の価格は分かります。
単純に東京⇔キトの航空券を検索して、このとき最安値が20万円くらいだったと思います。

なかなか高いです。
そこで、裏技的なものを使いました!

遠くの国に行くときに日本発着の航空券がどうしても高い!」そんなときに使える裏技です!

それは出発地を東京ではなく、他の国にするという方法です!

最近はLCCもたくさんあるので、それらの安い飛行機で一旦日本から出ます。
そして、その国から目的地までの航空券を検索すると安い航空券が見つかることがあります!

今回はエクアドルということで、南米です。
実は南米はソウル発の航空券が安いことが多いみたいです!

ソウルなら日本から近いですし、大型連休でも”日本⇔ソウル”の安い航空券がGETできる可能性があります。

他に日本から安く行ける国としては、香港、台湾、タイ、ベトナム…などがありますが、私が一番よく利用するのは香港です。

日本⇔香港の航空券は安く手に入ることが多いのと、香港空港はとても大きなハブ空港で世界中の国に飛行機が出ていて便利ですし、香港発の航空券の方が安く購入できることが多い気がします。


ただ今回はソウル経由にしたほうが安かったので、ソウルとしました!

最初は”成田⇔ソウル(往復)””ソウル⇔キト(往復)”の二つを購入を考えたのですが、

今回は”成田⇒ソウル(片道)””ソウル⇒キト⇒成田”の方が安いことに気づき、こちらを購入しました。

どちらも二つの旅行を購入することになりますが、帰りはソウルを経由しなくていいので楽ですし、しかも安かったのでラッキーです。

ぜひ出発地は日本でなくても、帰りは日本に戻る航空券を検討したほうがいいと思います!

そんなわけで、購入した航空券はこちらです。

【航空券①】エチオピア航空 10,910円
 片道 4/26 21:25 成田⇒ソウル

【航空券②】デルタ航空 139,110円
 往路 4/27 10:50 ソウル⇒(シカゴ⇒アトランタ⇒)キト
 復路 5/4  23:30 キト⇒(アトランタ⇒)成田


skyscannerで検索して成田⇒ソウルが一番安かったのがエチオピア航空でした。エチオピア航空はLCCではないです。
必ずしもLCCが一番安いわけではないのです。

LCCの場合、荷物預入や座席指定が有料で結構高かったりします。
またLCCは欠航になったときの代替便もないので、フルサービスキャリアのほうが安心です。

今回はたまたま?フルサービスキャリアであるエチオピア航空が最安値だったので、こちらをエクスペディアで予約しました。


ソウル発のキト行はデルタ航空が最安値でした。
南米行きなら、LATAM航空が安いことが多い気がしますが、今回デルタ航空が最安値だったので、デルタ航空にしました。
こちらもエクスペディアから予約しました。

アメリカでの乗り継ぎが多いですが、そこは我慢することとしました。

そのようなわけで、日本⇔キトの飛行機は一人合計約15万円ほどとなりました。


日本からの通しの航空券に比べると一人約5万円お得になりました。

私たち夫婦2人分と考えると、10万円もお得になったことになります!
そう考えると大きな節約になったと思います。

ここで注意なのは、航空券を通しでなく分割で購入した場合、飛行機が遅れて違う旅程の飛行機に乗り遅れたら、それで終わりです。
例えば今回の場合はエチオピア航空が遅れるなどで、ソウルでの乗り継ぎに失敗したら、デルタ航空のチケットは全て使えなくなります。
滅多にあることではないのですが、そんなリスクが潜んでいることに注意は必要です。
少なくとも乗り継ぎの時間は十分にとるようにすべきです。


実際、分割買いでない方が安い時もあります。安く購入するには、その時にどの経路が安いかしっかり調査するのが重要と思います。
うまくいけば、10万円しないで南米までの往復航空券が購入できることもありますよ!


(2)キト⇔ガラパゴス諸島 航空券予約
キトまでの航空券が決まったら、次はキトからガラパゴスまでの国内線を購入します。

こちらもskyscannerで検索して、安いチケットを発見することができます。

今回はTAME航空が最安値だったので、TAME航空の公式ホームページから購入しました。


ここでガラパゴスの飛行機を購入するのに重要なことがあります!

それは往路と復路でガラパゴスの空港を変えることです!


ガラパゴスにはメインの空港が2つあります。

サンタクルス島の北にあるバルトラ空港と、サンクリストバル島にあるサンクリストバル空港です。


ガラパゴスはたくさんの島からできていて、観光で行く場合、ほとんどの方がいろいろな島を訪れると思います。
サンタクルス島とサンクリストバル島の両方の島を訪れたい方はかなり多いと思います。

もし、入る島と出る島を同じにすると最後同じ島に戻らなければならないです。
その分つらいフェリー移動が増えてしまいます。
時間も体力も費用もかかってしまいます。

サンタクルス島とサンクリストバル島の両方を訪れたい場合は、往路と復路で違う空港を利用することをおすすめします!


私の場合は、入る島はサンタクルス島、出る島はサンクリストバル島としました。

TAME航空 約43000円
往路 4/28 キト⇒バルトラ空港(サンタクルス島)
復路 5/4  サンクリストバル空港⇒キト



キト以外に、グアヤキルからも飛行機が出ています。
グアヤキルからのほうがガラパゴスに近いので、航空券は安いです。
グアヤキルにも訪問される方はグアヤキルから行くのがいいですね。
私も時間があればグアヤキルにも立ち寄りたかったです。


ちなみに、バルトラ空港とサンクリストバル空港のどちらから入って、どちらから出るというのは自由ですが、私としてはバルトラ空港から入って、サンクリストバル空港から出る方がいいような気がします。

なぜかといいますと、バルトラ空港は街までがとても遠いです。
行くのが一苦労です。

サンクリストバル空港は街からとても近く、タクシーで数分で行けます。
今回の旅で帰りの飛行機の出発がかなり遅延したのですが、空港でずっと待たなくても一旦街に戻ってランチを食べたりできました。
もしバルトラ空港だったらそれは難しいので、空港でずっと待機だったと思います。
そんな理由で、帰りがサンクリストバル空港で良かったなと思っています。

しかし、サンクリストバル空港には無いのですが、バルトラ空港にはプライオリティパスで入れるラウンジがあるようです。それは魅力的ですね。


なにはともあれ、これで無事にガラパゴスまでの飛行機の手配は終了です!
合計一人約 19万3千円 でした。

結構高いですが、安く手配できた方だと思います…。



(3)番外編 ガラパゴス諸島内の航空券予約
おそらくほとんどの方はガラパゴス諸島内で飛行機は使用しないと思います。
もちろん、skyscannerで検索しようとしても出てきません。

ブログの中でも紹介しましたが、ガラパゴス諸島内を唯一運航しているエメテベ航空という航空会社が存在します!

イザベラ島⇔サンクリストバル島の移動には飛行機が大変便利です!
料金は高いですが、圧倒的に時間の節約になります!

詳しくはこちらの旅日記の方で説明しています。
~7日目 イザベラ島→サンクリストバル島②~

2.ホテル予約

ガラパゴス諸島までの飛行機を確保できたら、続いてはホテルの予約です。
まずは、どのようなアクティビティをしたいのか?どの島にどのくらい滞在したいのか?というのを計画しなければなりません。

個人で行ける3つの島、サンタクルス島、サンクリストバル島、イザベラ島についてそれぞれの魅力については、次回の記事にまとめようと思います。
詳しい内容は旅日記を参考にしていただければ幸いです。


私は3つの島にそれぞれ2泊ずつしました。

ガラパゴスのホテルは他の地域のホテル予約と同様にいろいろなサイトから検索して予約することが可能です。
特別な場所感がありますが、全くほかの旅行と変わらず、ホテル予約は簡単です。



サンタクルス島の宿
Hostel Galapagos Morning Glory

1泊朝食付 1部屋 60ドル+12%消費税
Booking.comで予約し、現地払いでした。
ちなににカードは使用できず、現金のみでした。

立地良し、部屋良し、スタッフ良し、コスパ良し!
そして2泊以上ならランドリーサービスが無料です!質素な宿ですが、サンタクルス島にまた行く機会があればまたここに泊まりたいと思うほど満足の宿です!
おススメ度 ★★★★★


●イザベラ島の宿
El Rincon de George

1泊朝食付 1部屋 80ドル+12%消費税+市税10%
私はBooking.comで予約し、現地払いでした。
ちなににカード払いOKでした。

イザベラ島でのツアー予約は事前にメールでホテルに問い合わせて予約してもらうこともできました。きちんと対応してくれるので信頼できる宿です。
そして朝ごはんは豪華でおいしかったです!

ただし、値段の割に部屋は良くなかったです。
狭く、暗く、あまり居心地が良くなかったです。

立地良し、スタッフ良し、朝食良し!
値段高い、部屋微妙!
おススメ度 ★★


●サンクリストバル島の宿
GALAPAGOS SUNSET HOTEL

1泊朝食付 1部屋 13,509円(税込み)
エクスペディアで予約して事前決済しました。

最後の宿ということで、豪華な宿にしました。
ちょっと高いのですが、最高でした!
新しくて、すごく快適なホテルでした!

私たちの部屋は最安値の部屋だったので、テラスはありませんでしたが、テラスのある部屋は高いのですが、部屋からアシカたちがいる素晴らしい景色を見ることができるので、テラスの部屋はおすすめです!

立地、部屋、スタッフ全て最高!
次回サンクリストバル島に来たらまたここに宿泊したいです!
次はテラスが付いた部屋がいいですね!
おススメ度 ★★★★★


●番外編 乗り継ぎの地で利用したホテル
①ソウルの宿
仁川空港乗り継ぎのため、1泊した宿。
Days Hotel & Suites Incheon Airport

1泊 1部屋 4,951円
Agodaで予約して事前決済でした。

空港送迎付きのホテルですが、深夜には運行がありませんでした。
また、駅近のホテルですが、仁川空港に到着したのが夜中の0時を過ぎていたので、電車も終電を過ぎており、タクシーを使用するほかありませんでした。
タクシーで約500円くらいでした。
部屋は安い割にきれいで快適でした!
翌日の朝は空港まで送迎バスを使用することができました。

立派よし、部屋よし、空港送迎あり!
ただし、深夜は空港送迎なし!
おススメ度 ★★★★


②キトの宿
キト空港乗り継ぎのため、1泊した宿。
San Jose de Puembo Quito Airport

1泊 1部屋 11,106円(税込み)
エクスペディアで予約して事前決済しました。

夜中の到着だったので、空港から近く、送迎ありのホテルにしました。
特にキトは治安があまり良くないようなので、ちゃんとしたホテルにしようと思い高いホテルにしてしまいました。
エクアドル価格にしては高すぎるとは思いました!

立派よし、部屋よし、空港送迎あり!
しかし高い!
おススメ度 ★★


以上でホテル予約は終了です。
もちろん現地でも当日予約できますが、宿探しだけで時間を潰してしまいますし、炎天下での宿探しは大変だと思います!
1泊目だけでも事前予約をおすすめします!

宿予約は簡単ですし、ツアーで予約すると高いだけでなく、好きなホテルを選べない場合が多いです。
立地や口コミなどを考慮して自由に選べるところも個人手配の良いところです!

3.アクティビティ予約

続いてはガラパゴスでのアクティビティ予約です!
ガラパゴスは本当にいろいろなアクティビティやみどころがありすぎます!
限られた時間のなかでどんな観光をするか、厳選しなければならないです。

一番簡単なのは、バルトラ空港から出ているたくさんのアクティビティや観光がセットになったツアーに参加することです。
船でいろいろな島を巡るツアーで、ツアーはたくさんありますので、日数と内容で選ぶことになります。
宿泊も付いているので、ホテル予約が必要なく本当に楽だと思います。
ただ、楽な分値段はそこそこ高いです。
現地で直前価格で購入できることもあるようですが、それを期待して行くのは不安ですね。

安く、そしてとにかく行きたいところにだけに行きたいという場合は、各アクティビティを個人で予約することをお勧めします!

個人で行ける3つの島の観光については次の記事で紹介したいと思います。


ガラパゴスではツアーに参加しなければ行けない場所がたくさんあるので、アクティビティ予約は必須です!

ただ、ガラパゴスでは、現地に到着してから直接ショップに行って予約するのが一般的のようです。

しかし、リーマントラベラーの私はいつも時間が無いので、事前予約は欠かせません。
今回の旅もなんとか事前に予約できないかと奮闘しました。

結論から申し上げますと、予約が本当に必要だったのはイザベラ島到着日のLos Tunelesツアーだけでした。

そのほかは予約しなくてもなんとかなりました。


(1)日帰りダイビングの予約
基本的にダイビングの予約は前日でも大丈夫なようです。
事前予約もできるショップもありますが、現地で予約したほうが安いようです。

私もサンタクルス島では事前予約をする予定でしたが、ダイビング日がガラパゴス到着日の次の日だったため、万が一ガラパゴス到着が遅れた場合キャンセル料を100%を支払わなければならないので予約に踏み切れませんでした。
結果、ガラパゴスに到着してすぐにショップに向かい予約でき、さらに事前予約よりかなり安かったのでラッキーでした!
ただし、どこのショップでも常に空いているわけではないので、人気ショップで現地予約なら、2日前までに予約したほうがよさそうです。

サンタクルス島でのダイビングショップですが、ネットで検索してもいろいろでてきますが、各ショップ、曜日ごとにダイビングポイントが違います
もし行きたいダイビングポイントがある場合はそのあたりも注意して検討する必要があります。

日帰りダイビングで一番評判が良いポイントは”ゴードンロック”ですが、ガラパゴスならきっとどのポイントも素晴らしいと思います!
私たちが行ったフロレアーナは最高に素晴らしかったですよ!

私たちが利用したダイビングショップはこちら
Scuba Iguana

サンクリストバル島でもダイビングツアーに参加しましたが、こちは事前予約しようといくつかのショップに問い合わせましたが、返事が来ませんでした。
結局事前予約はできず、前日に空いているショップを探し回りました。
ネットで目星をつけていたショップはどこも満席でしたが、たまたま見つけたショップに空きがあり、なんとか参加できました。
もっと早く島に到着していれば、予約には苦労しなかったと思いますが、どこかしらは空いているものなのかもしれないです。

サンクリストバル島のダイビングポイントは”キッカーロック”一択と言ってもいいでしょう。
ほかにもポイントはあるようですが、まずはみんなキッカーロックに行くようです。
キッカーロックツアーは毎日出ていますし、スノーケリングの方とも一緒なので、ダイビングライセンスも持っている人と持っていない人同士のグループでも一緒に参加できます。


(2)イザベラ島のツアー
イザベラ島はサンタクルス島から日帰りツアーに参加する方が多いようですが、みどころ満載なので宿泊することをお勧めします!

そして、イザベラ島到着日に早速ツアーに参加するには、事前の予約は絶対にした方がいいと思います!
人気なので、当日だと参加が難しいこともあるようです。

私はイザベラ島で宿泊するホテルにメール問い合わせて、事前に”Los Tunelesツアー”の予約をお願いしました。

また、ホテルに着いてから次の日の”火山ツアー”もホテルスタッフに予約してもらいました。
これはもしかしたら直接ショップで予約したほうが安かったかもしれませんが、楽に予約できたので良かったです。

イザベラ島では結果以下のツアーに参加しました。

Los Tunelesツアー 1人 110ドル(事前予約)
火山ツアー 1人 35ドル(現地予約)



サンタクルス島とサンクリストバル島ではダイビングツアー以外のツアーには参加しませんでした。
しかし、どの島もツアーでなくても自由に行ける観光スポットが豊富です。
とくにスノーケリングスポットはたくさんあります。
ツアー以外の時間もかなり充実したものになりました。

4.島間移動のフェリー予約

最後は島間移動のフェリー予約についてです。

基本的にほとんどの人が現地で予約します。
島間移動のフェリーの予約はネットでツアー会社から事前予約が可能ですが、非常に高いです。

私たちは現地で乗船2日前に予約しました。
フェリーチケットを売っているお店はたくさんありますし、歩いていればすぐに見つけられると思います。
そして現地予約のほうが安いです。
時期によるとは思いますが、基本的には前日予約でも空いているようです。

どうしても時間に余裕がなく不安な方以外は現地予約で十分と思います。



以上、いろいろな予約についてでした。
もしこれからガラパゴス旅行を考えている方の参考になれば幸いです!



次回はガラパゴスの3つの島の魅力についてまとめます!!!

Prev:
Next: