2. コロナ禍のマルタ留学の旅 コロナ禍の海外渡航は大丈夫?〜1,2日目 成田→アブダビ→ローマ →マルタ①〜

17:45成田空港
(翌日)
04:00

アブダビ空港

2021年5月28日 金曜日

ついにこの日を迎えました。

3月に直前で渡航延期になり、今回もまた行けないのではないのかと、半信半疑で最近を過ごしていたのですが、ついに今日になりました。


18時前

成田空港に到着しました。

まず最初の第一関門はチェックインです!

今回の往路の飛行機はこちらです。


エティハド航空

5/28 21:00 成田 → 03:45 アブダビ
5/29 08:15 アブダビ → 12:30 ローマ
5/29 17:00 ローマ → 18:25 マルタ

アブダビローマの2回の乗り継ぎがあるルートです。

今マルタに行く日本人はほとんどターキッシュエアラインで行くようです。

イスタンブール1回乗り継ぎで、飛行機搭乗の際にPCR検査陰性証明書なのど必要書類がないからです。
もっとも安心の経路だと思います。


しかし私はエティハド航空を予約しました。

なぜなら…安かったからです。


私の日程の場合、エティハド航空は8万3千円に対して、ターキッシュエアラインは13万円もしたのです。

迷ったのですが、エティハド航空にしました。



そんなわけで、ネットで調べても、もちろん同じ経路でマルタに行った人の情報はありませんし、いろいろと不安要素を抱えたまま当日を迎えました。


実は、アブダビでの乗り継ぎは何も問題ないことはエティハド航空のホームページに詳しく書いてありました。

また、マルタの入国についてはネット情報がいくつかあり、PCR検査陰性証明があれば大丈夫であることは分かっていました。


しかし、、、イタリアでの乗り継ぎがどうなのか分からない状況でした。

ネットにはイタリアで乗り継ぎした人の情報もありませんでした。

しかもマルタとイタリアはシェンゲン協定加盟国ですから、イタリア⇔マルタの飛行機は国内線扱いになるため、最初に到着するイタリアで入国することになるはずです。


……イタリアに一旦入国しないといけない!?

そのことに気づいたのは出発の1週間前でした。


イタリアの入国条件どうなってるのか…???

焦りました。


急いでVisaコンシェルジュに聞いてみたところ、直接イタリア大使館に問い合わせるようメールアドレスを教えてくれました。

大使館に問い合わせると、デジタルフォーマットを登録するよう言われました。
イタリア入国のためのデジタルフォーマット(dPLF)

このデジタルフォーマット記入が結構難しかった!!!


しかし、なんとか記入し送信すると、すぐに返信があり登録は一瞬で完了しました。

しかも、何度でも書き換えが可能なようです!

私は飛行機の座席番号まだ決まっていなかったので、”Not decided yet”としておいて、オンラインチェックイン後に座席番号を書き換えました。

イタリア入国にはこのデジタルフォーマット登録とPCR検査(唾液検体不可)が必要だとのことです。


デジタルフォーマットの記入内容に全く自信がなく、ネットで調べても情報が出てきません。

それもそのはず、このデジタルフォーマット導入は5月24日からなのです。

私がデジタルフォーマットを記入したのも5月24日!!

ネット情報あるわけないです!!


仕方ないので、登録した内容がPDFになっているので、それをコピーして携帯することにしました。


そして、PCR検査は出発の前の日に受けました。

私がネットで探した中で1番、海外渡航用陰性証明書付きのPCR検査が安かったのがこちらのクリニックです。
チームメディカルクリニック

検査当日の夜には陰性証明書がPDFで受け取れます。

この陰性証明書を3枚コピーして、携帯することにしました。



さて、当日の成田空港に戻ります。

17時45分に到着し、エティハド航空のチェックインカウンターに行きました。

21時ちょうどの飛行機ですが、何が起こるか不安なので、早めに到着したのです。

しかし、まだチェックインカウンターは空いていませんでした。


空港はやはり閑散としています。

人はちらほらいます。

今日の残りのフライトをチェックすると…

2つだけ!?

やっぱり少ないですね。

そして、私の乗るアブダビ行きは時間が少し変更になっていますね。


お店は全て閉まっていましたが、スタバだけはまだ閉まったばかりという感じでした。

恐らく、昼間はやっているお店もあるのだと思います。



出発の3時間前の18時になり、チェックインカウンターがオープンしました。

この時、アブダビ行きのチェックインをしようという人が私の他に3組いました。

私は1番最後に並んだので、皆さんのチェックインの様子を後ろから見ていました。


…全然チェックインが終わりません!

すごく時間がかかっています!


私の前の人は、結局チェックインが完了しなかったようでした。

近くのベンチに座ってエティハド航空のスタッフと何やら話していました。

どうやら、目的地での入国条件を満たしているかどうかをしっかりチェックしているため、時間がかかっているようです。

そして、条件を満たしていると判断できない場合はチェックインができないようです。



やっと私の番になりました。

ドキドキしながらパスポートを差し出しました…

受付は外国人スタッフでした。


スタッフ「ローマが目的地ですね。」

かお「最終目的地はマルタです。」

スタッフ「⁇。確認します。…アブダビ、ローマ乗り継ぎのマルタ行きですね。」


マルタというのを聞きつけた別のスタッフが、紙の表を持ってきて渡していました。

その表には各国の入国条件が書いてあるのだと思われます。

それを読んだスタッフが全く聞き取れない言葉を発してきました。

かお「!?…すみません、分からないです…。」


何度か聞き返してやっとすごい訛りの英語をしゃべっていることが分かりました。

マルタ入国に必要な下記のフォームを持参しているかということでした。

PUBLIC HEALTH TRAVEL DECLARATION
PASSENGER LOCATOR FORMS


かお「持ってないです…。」

スタッフ「この2つのフォーム提出が義務付けられています。ネットからダウンロードできるようです。」

かお「印刷が必要ですか?」

スタッフ「たぶん印刷が必要だと思います。」

そう言って、他のスタッフに印刷したものがないか聞いてくれていました。

しかし、誰もそんなの印刷してないよ、と言った感じです。

スタッフ「ごめんなさい、誰も持ってないです。」

私はネットで確認しました。

かお「ネット情報によれば、機内で配られるみたいです。」

スタッフ「そうかもしれないですね!」

かお「イタリア入国に必要な準備はしました。」

スタッフ「国際線乗り継ぎなので入国はいらないと思いますが…。」

かお「入国はイタリアになるんじゃないんですか??」

スタッフはよくわからないといった様子です。

とにかく最終目的地の入国条件だけのチェックしかありませんでした。


そして、PCR検査結果を見せて、チェックインは完了しました。

エティハド航空に乗る場合、PCR検査陰性証明書が必ず必要です。

ちなみに、PCR検査結果の紙は回収されませんでした。


マルタ入国のためのフォーマットが本当に機内で配られるのかは心配だったのですが、無事にチェックインは完了しました。


どうやら私はアブダビ行きの飛行機に乗るようです。

ちょっとまだ実感が湧きません。


レストランも開いていないし、やることもないので、保安検査場を抜け、利用客のいない出国審査に進みました。

自動の審査を通ろうとしたら、係の人が来て、クルー専用の窓口から通るよう言われました。

オフィスの窓口でパスポートチェックがあり、出国が完了しました。

やはり、普段とはいろいろ違うのですね…。


さて、ラウンジで食べれると思って、夕飯を準備していません。

エティハド航空はどこのアライアンスにも所属していないのですが、ANAとは提携していて、ANAのスーパーフライヤーズメンバーはラウンジが使用できるはずですが、今はラウンジは閉めているとのことでした。

機内食に期待するしかないです。


一応、念のために、ANAのラウンジに行ってみました。

残念ですが、閉まっています。

ANA便がある時間帯は開いているそうです。


しかし、こんな空港は初めてです。

店は閉まっており、人もいません。

なんだか恐怖を感じます。

やることがなさすぎるので、出発ゲートに行きました。

すでに、飛行機はゲートにスタンバイしています。

暇なので、モリと電話をして過ごしました。


21時15分ごろにゲートがオープンしました。

私もぼちぼち飛行機に乗りました。

防護服に身を包んだCAさんが出迎えてくれます。


機内はこのような感じです。

搭乗客はちらほら……ガラガラですね。

私の横の席はもちろん空席です。

3席を1人で自由に使えます!


アメニティもしっかりしています!


枕と大きなブランケット、それからポーチの中にマスクとサニタイザーとビニール手袋まで入っていました。

座席のモニターは新しい感じで、映画もかなり充実しています!

さすがエティハドさん!


久しぶりの国際線を満喫できそうな予感です。


21時ごろ

飛行機は時間通り出発しました。

日本人のCAさんが1人だけ搭乗しているので、機内アナウンスは日本語もあります。

アナウンスによると、機内食はコロナのため制限があるが提供するとのことです。


しばらくして機内食が来ました。

チキン、ビーフ、ベジタリアン用パスタが選べました。

私はチキンにしました。

普通の機内食です。

普段と何が違うのかは分かりません。

十分な内容です!


ご飯の後は、最新の映画を見てから、座席3席を贅沢に使用して、横になり眠る努力をしました。

いつものことですが、全く眠れません…。


私が横になって目を瞑っている間にCAさんがおやつのマフィンを置いていってくれました。


着陸の2時間前に2度目の機内食の提供がありました。

私はパンケーキを選択しました。
(もう1つ選択肢があったのですが、忘れました。)



5月29日 UAE時間の午前4時ごろ

意外と早く時間が過ぎ、アブダビ空港に到着しました。

アブダビ空港

飛行機からバスに乗って空港に移動するタイプでした。

外に出ると夜明け前だというのに、ものすごく暑い!

30度は超えています。

さすがUAEは暑い国です…。

カメラのレンズがすごく曇ります…。

空港内に入り、乗り継ぎをします。

ここで乗り継ぎの人は荷物検査があります。

私は機内食の時に出されたペットボトルの水を持っていたので、回収されるのではないかと心配したのですが、特に何も言われなかったです。


ほとんどの人が乗り継ぎのようでしたが、数人アブダビが目的地の人がいて、間違えて乗り継ぎの荷物検査まで来ている人が何人もいました。


アブダビ空港は意外なことに、ほとんどの店が開いていました!

成田空港の閑散とした雰囲気とは全然違って、人も結構います。


あんな巨大なnutella初めて見た!

次の飛行機は8時15分発なので、あと4時間もあります。

まず、ネット情報でプライオリティパスで入れるとあったラウンジに行くことにしました。

ターミナル3からターミナル1まで10分近く歩いて来ました。

AL REEM LOUNGEというラウンジですが閉まっていました。

コロナのため閉まっているようです。

ターミナル3のGate35近くのラウンジを使用するように注意書きがありました。

Gate35近くのラウンジはビジネスクラスかファーストクラスの人くらいしか利用できないハードルの高いラウンジだとネット情報がありました。

どうせ入れないだろうけど、行ってみようと思います。

エティハド航空から送られてきたメールにはローマ行きはアブダビ空港のターミナル3から出発すると書いてあったので、ターミナル3にはもともと戻るつもりでした。


また10分ほど歩いてターミナル3のラウンジにやってきました。

やってるようですが、中に入る勇気はないです。


それにしても、先程からどうしてもターミナル3でローマ行きのゲートが見つかりません。

空港のフライト情報にはローマ行きはGate8と書いてあるのですが、ターミナル3にGate8がありません!

ターミナル1にはGate8があるようです。

そっちに行ってみるしかないです…


ターミナル1のメインエリアに来ました。

なんだかアラビアンな感じがします!

魔法のランプが売ってますよ!

マックも開いています。

やはり、メインポジションのポスターはチキンバーガーです!


特にお店に入る気は起こらなかったので、適当にイスに座って過ごすことにしました。

機内食でもらったものを食べようと思います。

日本のフルーツグラノーラのビスケットはもちろん美味しいですね。


アブダビ空港のフリーWifiは結構サクサクです。

ここで、プライオリティパスの公式サイトからアブダビ空港で使用できるラウンジをちゃんと確認することにしました。

公式サイトにはAl Dhabiラウンジと書いてありました。

そんなラウンジはまだ見ていません。

もしかして私は間違ったラウンジに行ってしまったのかもしれないと思い、もう一度ラウンジ探しを始めました。

公式サイトに書いてある場所をヒントに探してみると…


もしかして、、、あれ?

受付みたいなところにいる人にプライオリティパスを持っていると言ったら2階にあがるように言われました。


なんとラウンジがありました。

中に入ります…。

壁に囲われたプライベート空間なワーキングスペースがあります。

そのさきに、ブッフェコーナーがあります。

この部屋に何組かのお客さんがいます。

ジュースなどの飲み物やサラダやパン類などの軽食が並んでいます。

サラダコーナーにはアラビアン料理のフムスも置いてあります。

この他に朝ごはんを注文できるようです。

スタッフに食べるか聞かれたのですが、お腹は空いていないので、注文しませんでした。

アラビックブレックファストが気になりますけどね。


さらに奥の部屋はバーカウンターがあります。

スタッフが何か飲むか聞いてきたので、ブラックティーをお願いしました。

スプライトとクラッカーも少し食べました。

もっと早くこのラウンジに来たかったです。

時間までラウンジでのんびりしました。


残念ながらこのラウンジ、2021年5月末に閉めるそうです。

6月からはアブダビ空港でプライオリティパスで入れるラウンジはエアサイドには1つも無いことになります。

帰りもアブダビで乗り継ぎ時間があるのですが、ラウンジは使えないということですね…。


※2021年6月末の帰国時にはラウンジが復活していました!

さて、ラウンジを出てターミナル1のGate8に来ました。

やはりターミナル1からローマ行きが出発するようです。


少しゲート付近で待ちます。

色々売ってる自動販売機です。


搭乗開始になりました。

チケット確認時にPCR検査結果も見せる必要がありました。


これから乗る飛行機が他の飛行機と違ってなんだか派手です。

イタリアの絵ですね!

ちょっとだけうれしい……イタリアを観光できるというわけではないのですが…。



8時半ごろ

予定より少し遅れて出発しました。


さて、無事にローマで乗り継ぎできるか!?

果たして、無事にマルタに到着できるのか!?

乞うご期待!!!



~1,2日目②~につづく…

Prev:
Next: